七十七銀行のここがスゴい!

七十七銀行で働く


働くうえでの七十七銀行の特徴は、待遇の良さと堅実さです。もちろん地方銀行なのでメガバンクに比べると平均年収などは劣りますが、ほかの職種に比べると銀行業は年収や休みがしっかりとれる仕事です。もっとも仕事が終わっていなくてもほぼ強制的に定時に帰宅し休日があるので、事務を中心に仕事が溜まりやすい傾向にあります。さらに本部では残業の見込み定額制が導入された影響で残業時間によっては残業代を損することがあります。

業務内容は融資が多く、七十七銀行というブランドもあってやりがいを感じるという人は多いです。研修体制も整っており、銀行員としてステップアップしつつ年収や銀行員としてのやりがいも欲しいという場合はオススメの銀行です。また女性行員にとっても働きやすい環境です。出産後には勤務時間の短縮や休日勤務の免除、深夜勤務の免除などの配慮があります。さらに女性活躍推進ワーキンググループという女性行員で構成されるグループがあり、女性行員の意見を取り入れた施策を検討しています。

七十七銀行は銀行業としての地域貢献も多いです。仙台を中心に地域を盛り上げたり、金融教育や経済活動などをしているのです。しかしそういった活動は入社して間もない新人の社員が駆り出されることが多いので、研修も含めるとかなり新人のうちはかなり多忙です。そういった仕事以外での活動が苦手な場合は大変かもしれません。行員同士の親睦を深めるための飲み会のような集まりも多いです。しかしそういう集まりが出世にも影響するという事実がありますが。

就職の際には基本的に企業のホームページで経営情報や求人情報を見ることが多いですが、意外と個人のブログや就活用のサイトで色々ためになる情報を得ることができます。とくに社員目線の企業分析やあらゆる不満など、実際に働いて感じることを事前に知ることができます。