地域に貢献する気仙沼信用金庫

気仙沼信用金庫の手数料


気仙沼信用金庫の金融商品を利用する際は、店頭表示金利だけでなく手数料にも着目すると安心です。というのも一部の融資商品やATM、振込手続きの利用に際しては各種手数料が発生するため、事前に手数料の金額を考慮しておかないと予想外の出費が発生する可能性があるのです。ポイントサービスなどの優遇サービスを利用することで手数料を割引できる金融機関もありますが、気仙沼信用金庫は今のところそういった優遇サービスが存在しないので、事前に手数料を把握してできるだけ安上がりな取引方法を選択する必要があります。

気仙沼信用金庫の手数料の中でもとくに悩ましいのがATM手数料です。手数料の金額自体は最高でも216円と安いのですが、預金口座の入出金を行う度に利用手数料が発生するため、最終的にはそれなりの金額を支払うことになるのです。しかし気仙沼信用金庫のキャッシュカードを使って平日と土曜にのみATMを使って取引すれば、利用手数料の発生を防ぐことができます。気仙沼信用金庫のATMでは全国の信用金庫・七十七銀行・仙台銀行・ゆうちょカードなどのキャッシュカードが使えますが、それらのカードはどれもATM手数料が余計にかかるので、止むを得ないときだけ使いましょう。

気仙沼信用金庫の融資商品を利用する際には、融資関係手数料が発生します。融資商品の中でも個人向け住宅ローンは必要な手数料の数と金額が多く、借入条件の変更・不動産の設定・動産および債権譲渡担保の設定など、様々な事務取扱い手数料が発生します。金額も多く、千円単位は当たり前で、万単位になることも珍しくありません。そのため個人向け住宅ローンの契約を検討するときは、発生する手数料も考慮して自己資金を用意しておきましょう。

一般的にインターネットバンキングを使うと他行宛て振込手数料が安くなりますが、気仙沼信用金庫のインターネットバンキングはATMと振込手数料の金額が同じで、月額使用料まで発生するため、契約は慎重に行いましょう。店舗窓口やATMに行かなくてもインターネットから残高照会・振込・振込予約・資金移動ロックなどの取引ができる点は魅力ですが、逆に言えばこれらの機能を必要としない利用者は契約する必要性が低いということになります。

七十七銀行のここがスゴい!

山梨中央銀行の有効活用

道民も大好き北海道銀行

東和銀行の人気サービス

みなと銀行を使いこなす

地域に貢献する気仙沼信用金庫

地方銀行と地元