地域に貢献する気仙沼信用金庫

気仙沼信用金庫の預金金利


金融機関は預金商品によって店頭表示金利が異なるため、口座開設する前に預金金利をチェックしておくとよいでしょう。預金商品は高金利であればあるほど満期日に受け取る利息が増えるため、事前に店頭表示金利を調べて高金利の商品を口座開設するのです。ただし期日指定定期預金のような複利計算の商品は、効率的に利息を受け取ることができるため多少低金利でもオススメです。

気仙沼信用金庫はというと、2016年4月に預金金利を引き下げているため、一部の預金商品の店頭表示金利が低くなっています。店頭表示金利が引き下げられたのはスーパー定期やスーパー積金のような使いやすい人気の預金商品で、それぞれ0.01から0.015パーセントほど引き下げられています。もっとも2016年は全国各地で預金金利を引き下げる動きがあったため、気仙沼信用金庫以上の金利水準を維持している金融機関は少なく、取り立ててデメリットというほどではありません。

気仙沼信用金庫の一部の預金商品は現在でも高金利を維持していて、その代表的なものが財形預金です。財形預金システムを導入している地元企業の従業員しか契約できない商品なので利用者は少なめですが、積立形式の預金商品の中ではトップレベルの高金利です。さらに非課税措置があるため、貯めた資金を年金として受け取ったり、住宅関連資金に使用することでよりお得にすることができます。年金資金や住宅資金などの自己資金の工面には定期積金も活用できますが、高金利な上に非課税措置まであるのは財形預金だけです。

ただしいくら預金金利が高い商品を利用しても、預入期間や預入金額が少ないとあまり意味がありません。預金商品の利息は預金金利だけでなく、預入期間や預入金額に応じて計算されるためです。そのため貯蓄を分散させずに、1つの預金商品に預ける合計額を多くしましょう。期間限定のキャンペーンで提供される専用定期預金は募集総額に上限がありますが、だいたいの預金商品は預入金額の上限がないため、いくらでも預けることができます。

七十七銀行のここがスゴい!

山梨中央銀行の有効活用

道民も大好き北海道銀行

東和銀行の人気サービス

みなと銀行を使いこなす

地域に貢献する気仙沼信用金庫