山梨中央銀行の有効活用

山梨中央銀行の金地金


資産運用には色々な手段があります。主に金融機関での預金や様々な投資などです。代表的な投資対象は株式や不動産、為替、証券などで、これらに投資することで利益を得て資産を増やすのが主な目的です。しかしこういった投資はリスクも付き物で、損害を出す可能性も多々あります。そのため外貨預金や投資信託のように比較的低リスクの商品を利用する人も多いです。

山梨中央銀行では比較的低リスクの投資商品である金地金を販売しています。金地金とは文字通りゴールドのことで、山梨中央銀行が販売しているのはいわゆる金の延べ棒です。100グラム、500グラム、1キロのいずれかの金の延べ棒を購入することができ、銀行の貸金庫や自宅で保管することで保有できます。こういった貴金属は昨今人気が高まっており、いらなくなったジュエリーなどの貴金属の買い取り業者も増えています。

山梨中央銀行で金地金に投資するメリットは多いです。たとえば金は日本円や外国の通貨、株式などと違って無価値にならないのです。金は日銀が貨幣と紙幣(日本銀行券)を発行する前からその価値を認められて製造・取引されており、現在でも世界中で通用する資産なのです。さらに不景気であっても金相場そのものが好調であれば高く売れるため、不景気でお金に困ったタイミングで換金することでかなり得することがあります。

しかしデメリットもあるので購入は慎重におこないましょう。たとえば金は預金と違って利息がつかないため、資産をコツコツ確実に増やしたい場合には適さないのです。さらに売るとき査定料金がかかったり、会社によって査定額が異なることもあるので、売買の際は価格を比較して決めると安心です。貴金属は窃盗されやすい資産でもあるので、セキュリティー面でも気を抜かないようにしましょう。